Category Archives: 再発防止

高齢者が生活をする上で気を付ける点

全身状態の影響から急変も多い

高齢者は、高齢であるというだけで動脈硬化の危険因子を持っていることになります。冠動脈硬化だけでなく、全身の動脈硬化が進んでいる可能性があります。
狭心症あるいは心筋梗塞の患者さんでは、脳血管障害や大動脈癖、下肢の閉塞性動脈硬化などのチェックも欠かせません。
高血圧、腎機能の低下、耐糖能(血糖のコントロール) の低下などを伴っていることも少なくありません。病気を発症すると、急変することも考えておかないといけません。軽いかぜから肺炎を併発し、心肺機能が急速に低下するといったことも起こります。

痛みの自覚症状がない場合も

症状が典型的でないことも知っておく必要があります。胸痛が起こらず、息切れや動惇程度で狭心症を発症していたり、急性心筋梗塞でも、痛みを訴えることなく意識がなくなるといったことが起こります。
急性心筋梗塞では、高齢の患者さんの約3割は胸痛を感じていなかったというデータもあります。とくに糖尿病で神経障害があったり、大脳に障害がある人では、こうした無症候性の心筋虚血が起こることがあります。
食欲がない、口数が少なくなった、など、「いつもと違う」ということが、異変をとらえる大きなポイントになります。以上のことを考えると、病気を抱えるお年寄りでは、介護保険の訪問看護サービスなどを利用して、ふだんから専門家に病気の管理をしてもらうのも一つの方法です。訪問看護では緊急の対応にも応じてもらえます。

高齢者の場合、長年続けてきた生活習慣を変更することはなかなか困難ですが、危険因子をできるだけ減らすことは大切です。
禁煙は今さらと思っても、実行するにこしたことはありません。心臓だけでなく腎機能の低下などを考えると、食事を出来る限り薄味にすることも大切です。
ただ高齢になって、あれもだめ、これもだめと強制することは、意欲の低下にもつながります。主治医と相談し、様子を見ながら、できることから取り入れていくのがよいでしょう。
年をとると外出がおっくうになり、筋力も呼吸の能力も低下しがちになります。デイサービスを利用したり、家のなかで簡単な体操をするなどの習慣をつけるのもよいことでしょう。

女性の虚血性心臓病の人が生活をする上で気を付ける点

閉経後は、動脈硬化がすすみやすい

女性ホルモンのエストロゲンは、肝臓のLDL受容体を増やして血清中のLDL圧を安定させ、血糖値のコントロールにも大きな役割を果たしています。
また血管に直接作用して血管の収縮をコントロールしたり、内皮細胞や血管平滑筋細胞などの作用にも影響をおよぼしています。
閉経前の女性では、男性に比べて虚血性心臓病を発症する率が非常に低いのですが、閉経後は、高脂血症、高血圧、高血糖、肥満などが同時進行的に増加することが多いようです。年をとるにつれて動脈硬化が進行し、65歳以上の女性の心筋梗塞は男性とほぼ同率になります。

更年期後は、健康に注意

更年期前後の女性では、労作性狭心症と同様の胸痛が起こることも少なくありません。更年期に伴う自律神経の失調や、過労、睡眠不足、ストレスなどが誘因となっていると考えられています。原因がはっきりしないケースも多く、今後臨床の結果が待たれます。
この時期は血圧も不安定になることがあり、めまいや起立性低血圧を起こす人もいます。更年期の症状は、年齢のせいだからしかたがないと考えがちです。また、男性に比べると、健康診断を利用する人が少なく、とくにからだに負担がかかる検査に対して消極的であるというデータもあります。更年期前後には健康の総点検として、自覚症状がなくても健康診断を受けることが大切です。
その後も、毎年一回は健康チェックを受けるようにしたいものです。更年期前後には、基礎代謝量も減ってきます。エストロゲンの急激な減少も加わり、太る人が少なくありません。食べ過ぎにも注意するとともにふだんから活動量を増やすことも大切です。運動は、更年期にありがちな自律神経のアンバランスを整える作用もあります。

ホルモン療法も

更年期障害の治療法として行われるホルモン補充療法(HRT) は、高LPa血症などの高脂血症、骨粗餐症の予防としても有効であることがわかっています。ただし、血栓症があったり、乳がんの患者さんは、エストロゲンが病状を悪化させるので利用できません。
副作用として乳がんの発症が問題になっていますが、これは定期検診により早く発見できれば治療が可能です。作用と副作用を勘案し、抗高脂血症薬などの服用も含めて検討することが大切でしょう。

閉経前から危険因子には注意する

閉経前の女性は、男性に比べて虚血性心臓病の発症が少ないのですが、エストロゲンが減少してくる月経前には、狭心症の発症率が高くなります。喫煙や高脂血症、家族歴などがある女性では、エストロゲンが最も少なくなる月経直後に、心筋梗塞が起こりやすいとの報告があります。
喫煙は動脈硬化の重大な危険因子ですが、女性の喫煙率はなかなか減りません。若い女性では、やせていてもコレステロールが多い人がいます。虚血性心臓病は、危険因子が重なると発症しやすくなります。禁煙、運動、適切な食事療法を行って、少しでも危険因子を減らすことが大切です。

太っている人が生活をする上で気を付ける点

内臓脂肪型肥満は動脈硬化の原因に

肥満とは、からだにとって余分となった体脂肪が蓄積した状態です。体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、虚血性心臓病を引き起こすのは、おもに内臓の回りに溜まる内臓脂肪です。
内臓脂肪型肥満は、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風など動脈硬化と関わりの深い病気を引き起こします。ビール腹のように突き出したおなかをCTスキャンや超音波装置で観察すると、脂肪の蓄積が見られます。
体重が増加していても、皮下脂肪だけが増えているのなら、内臓の病気の心配は少ないですが、内臓脂肪が増えている場合は、肥満症として治療することが必要です。
内臓脂肪は危険な脂肪ですが、皮下脂肪に比べると代謝が活発で、分解もしやすいとされています。食事や運動で体重を減らすと、まず二週間ほどで内臓脂肪が減ります。高脂血症や高尿酸血症、脂肪肝なども改善することが多くなっています。

膝・腰を強化しつつ有酸素運動をする

体脂肪を燃やすには、有酸素運動を20分以上続けて行うのが効果的です1最近の研究では、10分くらいの細切れの運動でも、回数が多く運動の習慣が持続すれば、同様の効果が得られるといいます。
ふだん時間がとりにくい場合は、こまめにからだを動かし、通勤時問に歩く距離を延ばすなどの工夫をするとよいでしょう。
活動的な生活を続けると基礎代謝量がふえ、安静にしているときでも消費するエネルギーが多くなります。
太っている人では、ひざや腰への負担が大きく、長距離を歩くのがむずかしい人もいます。いすに座って下肢を水平に上げたり下ろしたりする体操は、ひざを支える筋肉の強化に役立ちます。
腹筋運動は、腰痛の予防に有効です。あお向けに寝て、ひざを曲げ、おへそが見える程度に上体を起こして、その姿勢を数秒維持する体操は、手軽にできる腹筋のトレーニングです。継続が難しく途中でやめてしまう人が大変ですが、継続して脂肪が落ちてくると、体の調子が良好であることが実感できます。

1ヶ月のダイエットは1~2kg程度が最適

当然、食事は食べる量を控えますが、栄養の質が低下しないような注意が必要です。間食や甘い飲み物、酒など糖質以外の栄養素が少ないエンプティ食品を中心に、食べる量を減らし、エネルギーが低くて、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な野菜や海藻、きのこなどを多めにとりましょう。
体重は、1月に1~2kgくらい減らすのが適切です。食事を減らすだけでは、筋肉がやせて体力が低下します。リバウンドといって体重が元に戻りやすく、その時には体脂肪が増えて、さらに太るという悪循環になります。運動を併用すると、筋肉を落とさずに減量することが可能です。

血糖値が高い場合に生活をする上で気を付ける点

糖尿病には多数の危険因子が

高血糖が続くと「糖タンパク」というイブ室ができ、さまざまな影響を及ぼします。まず細い動脈硬化による腎不全などが引き起こされます。
脚などの閉塞性動脈硬化症もおこりやすく、足先が壊死してしまうケースもあります。

糖尿病の3大
合併症である糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害は、いずれも血管の障害が主な原因です。糖尿病では全身の動脈硬化も進行させてしまいます。

糖尿病の初期では、インスリンの感受性が低下するため必要以上にインスリンが分泌され、高インスリン血症になっている例が多くみられます。
高インスリン血症は中性脂肪を高くします。ナトリウムが体内に貯留し、高血圧も合併しやすくなります。

つまり糖尿病は、虚血性心臓病の原因がそろうデパートのようなものです。

境界型の段階から注意

糖尿病の検査で、境界型といわれると、「まだ大丈夫」と考える人が少なくありません。しかし、境界型は糖尿病の予備軍です。この投階から運動不足などの原因を取り除くことが必要です。糖尿病の診断がつくと、血糖値とヘモクロビンHbalc。)を検査し、コントロールします。Hbalcは過去1~2か月間の血糖のようすが反映されるため、より確実な検査といえます。

糖代謝のために運動は必要

治療の基本は、食事療法と運動療法で、この2つがうまくできると、薬を使わずにすませることも可能です。もちろん禁煙が必要です。運動はエネルギー消費を増やすだけでなく、糖代謝そのものを円滑にする作用があります。
ストレスは血糖を上げるので、ため込まないことが大切です。糖尿病の食事は、健康食ともいわれます。食品の種類に制限はなく、むしろ、多種多様の食品をとり栄養バランスを撃えることが大切です。
避ける必要があるのは、食べ過ぎと飲み過ぎです。最近、話題になっているのは、GI(グリセミックス・インデックス) 値の研究です。GI値の低い食品は、血糖値を急激に上げないため、高血糖が起こりにくいのです。
日本では低インスリンダイエットとして話題になりましたが、欧米では、糖尿病の治療食として研究されています。GI値の低い食品は、穀物では精製度が低いもの、野菜では食物繊維の多いものに多く、海藻や豆腐などもG l倍が低いそうです。GI値の低いものを選んで食べるのではなく、同じ栄養素を含んだ食品であれば、よりG I値の低い食品を選ぶなどの活用法がよいでしょう。ただ、この研究は発展途上なので、しばらくようすを見るのがよさそうです。

高血圧の場合に生活をする上で気を付ける点

高血圧と動脈硬化は、相互に悪いほうに作用しあう

高血圧と動脈硬化を合併している場合には、互いに影響し合います。高血圧では血管壁の内皮が傷つき、動脈硬化の下地を作ります。
動脈硬化が進んだ血管では血液が流れにくく血圧が上がります。収縮期血圧が180mmHG以上になると、虚血性心臓病による死亡は正常血圧の人の約3倍、拡張期血圧が120mmHG以上では5倍弱になることがわかっています。
血圧は、運動後は低くなるのがふつうです。
測る時間や緊張しているかどうかも血圧に影響を与えます。
一般に、自宅で測った血圧は低めとなり、外出先で測ると高くなります。とくに病院で医師が測ると、高くなることがありますご」れを「白衣高血圧」といいます。病院と自宅での血圧が相当違う場合は、自宅で複数回、測定した結果を医師に見てもらうとよいでしょう。
ただし、同じ腕で続けて測定すると、1回目より2回目の方が低くなります。これは一度マンシュツトで血流を止めると、その先の血管が開き血管抵抗が少なくなるためです。測定値としては、1回日のものを採用します。自宅で測定したときの血圧の正常値は125mmHG/80mmHG未満で135mmHG/85mmHG以上は高血圧になります。
高血圧については、こちらのページにより詳細に記載があります。高血圧だという人は、是非一度目を通すと高血圧の危険性についての理解が深まると思います。
高血圧で重要なのは、やはり食習慣と生活習慣です。

寒さ、ストレス、過労は血圧上昇の要因に

血圧は、交感神経が興奮して、カテコラミンというホルモンの分泌がさかんになると上昇します。カテコラミンは、驚いたり、ヒヤッとしたり、危険から逃げるとき、または怒ったり、けんかをするときのためのホルモンです。
寒さにさらされたり、排便時にいきむ、あるいは重い物をグッと持ち上げる、イライラや興奮も、カテコラミンを過剰に分泌させるので十分に注意が必要です。
血管には、余計な負担をかけないためには、禁煙と肥満解消も必須です。
睡眠不足、過労もいけません。軽度から中等度の運動は、自律神経のバランスを撃え、血管拡張物質を増やし、血管収縮物質を減少させ、結果として血圧の上昇を抑えます。ウオーキングなどで有酸素運動を続けると、血圧は確実に下がります。激しい運動をしたり、力を込める運動は適しません。

食事の注意点

食塩をとり過ぎて体内のナトリウムが増えすぎると、心拍出量が増加し、血管の緊張が起こり、血圧が高くなります。塩分は一般の人で一日10g未満、高血圧の人は、7g未満に抑えます。カリウム、カルシウム、マグネシウムには血圧を下げる働きがあります
酒は血管拡張作用あり、一時的に血圧を下げますが、長い間、量を多く飲み続けると、高血圧になりやすくなります。適量は、1日にビール中びん1本程度です。
飲酒に関してはこちらに詳しい記載があります。