Category Archives: 弱った心臓を元気にする

生きがいが免疫力をアップさせる

ノーベル賞受賞者は候補で終わった人より長生きする

最近、とてもユニークな研究発表がありました。それは「ノーベル賞を受賞した180人の科学者は、ノミネートされても受賞しなかった1626人の科学者より約2年長生きだった」というものです。また別の研究で、「生きがいがない」という人が循環器疾患で死亡する危険性は、「生きがいがある」という人の約3.5倍高かった、というデータも発表されています。

これらの研究成果から、心理的な要素は人の生命力に大きな影響を与えることがわかります。つまり、社会的に成功する、あるいは充実感を持ちながら生きるといったことが、全身の免疫力を高め、結果、健康状態を改善することにっながっていると考えられるわけです。
しかしながら、すべての人が社会的名声を得られるわけではありません。

免疫力アップのカラオケ

気心の知れた友だちといっしょにカラオケに行きます。そこでは、歌っている人は主役です。聞いている人たちは皆、声をかけたり拍手したりして、主役が気持ちょく歌えるように盛り立てます。上手か下手かはまったく関係ありません。
皆が交代で主役になるようにするのです。人前で歌うという緊張感、歌うことによる、呼吸、運動、発散、歌った後の開放感など、カラオケにはさまざまな要素があり、それらの相乗効果で多様な健康効果がもたらされます。なかでも日常から脱出して非日常の人生を体感すること、いわゆる「返信効果」は、免疫力を高めるうえでもたいへん有効です。
そのうえ、皆にほめられることの心理的効果が加わったなら、これほど健康的なことはありません。人が心の充実を最も強く感じるのは、他人に頼られている、認められている、と感じられるときです。そのためにカラオケもうまく使えば健康効果抜群です。

1日20分の早歩き

余分な内臓脂肪は心臓にとって大きな負担

冬はややもすると屋内にいる時間が長くなり、運動不足になりがちです。そのため、余分な内臓脂肪がたまりやすくなります。内臓脂肪は単なる脂肪のかたまりではありません。じつは、血圧を高くする物質、血液を固まりやすくする物質、血糖値を上げる物質など、とんでもない物質を生産する化学工場のようなもので、心臓にとっても最悪の敵なのです。

そこで、まず内臓脂肪の量を簡単にチェックしてみましょう。ウエストまわり(cm)を身長(cm)で割った数値が0.5以上なら、かなり危ないと思ってください。できれば、この数値を0.4程度に下げたいところです。

早歩きは心臓を元気にする

手軽にできて、なおかつ内臓脂肪を落とす効果が高い運動としておすすめしたいのは、やはり「早歩き」。ふつうに歩くと1分間に100歩くらいになりますが、それよりも少し歩を早め、1秒に2歩、1分間に120歩くらいを目安にする早歩きです。この歩き方でで加分程度歩くと約2500歩になります。外での仕事を持たない人の場合、1日の歩数は5000歩くらいとされますが、できれば最低7500歩は歩きたいので、この早歩きを20分程度おこなうとよいでしょう。

また、以前は連続して20分間以上歩きつづけなくては脂肪を燃焼させる効果がないといわれていましたが、最近の研究で、途中で休憩などを入れても、合わせて20分になれば、効果は変わらないということがわかりました。この運動は、できれば毎日おこなうのがよいのですが、むずかしい場合は3日に1度くらいのペースでもよいでしょう。

起床後、まずは足を動かす

急性心筋梗塞が起きた時間帯を調べると朝の4時~9時に多発しています。この時間帯は自律神経が副交感神経→交感神経に切り替わる時間帯です。休息から活動に切り替わる時間帯で心臓に負担がかかります。
そこで、朝、目覚めたときにまず行うのが「足を動かすこと」です。
交感神経を安定させるだけでなく足の筋肉を使うことで血液が心臓に押し戻されるので心臓の負担が軽減されるのです。

まず、ひざをまげて足を伸ばすときにつま先も伸ばします。左右10回ずつ行いましょう。

睡眠時間は8時間、就寝前に水を飲む

心臓の疲れを癒やすレモン水

睡眠時間と心臓疾患の関係を調べてみると、8時間睡眠を中心にして、それより長くても、短くても、心筋梗塞などの発生率が高くなることがわかります。睡眠不足が心臓の負担になることはともかく、長い睡眠がなぜ逆効果なのかについては、じつはまだ解明されていません。
おそらく体内のリズム、自律神経との関係があるのではないかと推測されます。睡眠中も働いている心臓のためには、就寝前に水分を補給しておくことも大切。
睡眠中は水分不足になるので、血液はドロドロになりやすく、血栓もできやすいかぅです。
おすすめは、水にレモンを搾り入れた「レモン水」。レモンに豊富に含まれるリモネンという成分が、脳の興奮を沈静化し、筋肉をリラックスさせます。
レモンに酢を合わせたレモン酢も血圧を下げるなどの効果があるようです。
レモン酢の効能、効果とレビューはこちら。

1日1杯の赤ワインか紅茶

赤ワインは血管をやわらかくする

これも最近の研究で、「赤ワインは血管内皮に働きかけ、一酸化窒素の生産を促進し、血管の拡張性、柔軟性を高める」という報告がありました。赤ワインの健康効果については、いろいろと紹介されていますが、この研究はたいへん具体的で、とくに注目に値するといえます。
一酸化窒素は、血管の内側のなめらかさを保つために必要な物質で、血管内皮から生み出されるようになっています。しかし、その生産量が少なくなると、血管はやわらかさとなめらかさを失い、動脈硬化を招き、血栓ができやすくなる原因となるのです。

しかし、すばらしい効果があるとはいっても赤ワインはお酒ですから、適量を超えて飲んではなりません。血管をやわらかくするためならば、1日にグラス1杯程度で十分です。また、この効果を生み出す成分はワインの赤い色素のなかに含まれているものなので、加熱しても失われません。つまり、料理などにワインを使って火を通しても効果は損なわれないということです。

紅茶には血管を広げる効果

アルコールは苦手だし、毎日ワインを使って料理をつくるわけにもいかない、という人もいるかもしれません。そんな人にもよい方法があります。赤ワインとおなじように、紅茶にも血管を拡張して血流を促進する効果があるのです。
紅茶に含まれているフラボノイドという抗酸化物質には、血管を広げる働きがあります。血管を広げるというのは、必要なときに十分な血液が流れるような状態にすることです。
健康な大人の場合、必要に応じて通常の3倍から4倍の血液を送ることができますが、動脈硬化などで血管の柔軟性が失われていると、いざというときに血管が広がらず、血流が滞ってしまいます。紅茶には、そのような状態を改善し、血流をよくする効果が期待できるわけです。1日1杯の紅茶で、弱った心臓をいたわり、丈夫にしましょう。