大量の血液を休みなくすみずみまで運ぶ心臓が突然死の1位

全身に酸素と栄養を送り続ける心臓

心臓は私たちの生命を維持するばかりか、若さを保つうえで最も重要な臓器なのです。というとちょっと違和感を感じるかもしれません。

私たちの体は、全身のひとつひとつの細胞が生まれ変わったり活動したりすることによって若さを保ち、生命を維持しています。細胞の活動に必要な酸素や栄養は血液によって運ばれますが、その血液を全身にくまなく循環させているのが心臓。つまり、心臓によって私たちの肌や筋肉・内臓・血管といった全身の若さは保たれている、ともいえるのです。

しかし、このように重要な心臓が衰え、心筋梗塞、狭心症・不整脈などの心臓病を招く人が急増しています。心臓病が怖いのは、ある日突然、発作が起こり、命を落とす危険性が大きいからです。現在、日本人の死因の1位はガンですが、それに次いで多いのが心臓病。厚生労働省の調査では、年問に17万人以上が心臓病で亡くなっています。

心臓病は突然、発作が起こるとはいえ、原因はそれまでの生活習慣にある場合がほとんどです。

例えば、脂肪や糖分の多い食事や運動不足、喫煙、過度のストレス。こうした惑い生活習慣を長く続ければ、動脈硬化(動脈の老化)をはじめ、脂質異常症(血液中の脂質が異常に増えた病気)・高血圧・肥満・高血糖などの生活習慣病を招きやすくなります。それと同時に、血液を全身に送る心臓の働きにも影響が及んでくるのです。

心臓の大敵は冠動脈の動脈硬化

心臓は、主に「心筋」と呼ばれる筋肉でできた臓器で、全体に円錐形をしています。心臓のある位置は一般に胸の左側といわれますが、実は、胸の中央にあります。

心臓の大きさは、その人の握りこぶし程度。重量は、日本人の成人で平均300グラム前後。男性は女性より20~30グラム重いのが一般的です。

心臓の中は、2つの大きな部屋(左心室と右心室)と、2つの小さな部屋(左心房と右心房)に分かれています。そして、それぞれの部屋の出口にはドア(弁)があり、血液が逆流することなく、一方向に流れるように血流を制御しているのです。
血液は決まった方向に流れ、全身の細胞に新鮮な酸素や栄養を供給し、廃棄物の二酸化炭素を浄化装置の肺へ送り込んでいます。

このように心臓は、血液がよどみなく全身を循環するための強力なポンプの役割を担っています。心臓は、拡張することで静脈(上大静脈と下大静脈)から心臓の中に血液を吸い込み、収縮することによって血液を動脈(大動脈と肺動脈)へと送り出しています。しかも、心臓はひとときも休まず、1日に10万回もこの拡張と収縮(拍動という)をくり返しているのです。

心臓がドクンと1回拍動するたびに、心臓から大動脈に送り出される血液量は約80ミリリットル( コップ半分ぐらい)。1分間では、おおよそ5リットル(ビールの大瓶8本くらい) にもなります。この割合で計算すると、1 日で7250リットル(ビール大瓶で約1万1400本)、1 年で263万リットル(ふつうのプールの3分の2を満たす量)の血液が送り出されていることになります。

心臓がこれだけの量の血液を動脈の抵抗(血圧)に打ち勝って送り出すときになされる仕事量は、4斗樽12個を富士山の高さに積み上げるくらいの仕事量に相当するといわれています。

人問の握りこぶし大の小さい心臓が、このような想像を絶する仕事量をこなすためには、大量のエネルギーを作り出す酸素と栄養が必要です。そのため、心臓自体へ大量の血液を運ぶ「冠(状)動脈」があります。冠動脈は、大動脈のつけ根から伸びている2本の血管で、これが枝分かれしながら、まるで冠のように心臓の表面を覆っています。そして、心臓から送り出される5~9%もの大量の血液が、冠動脈を介して心筋に供給されているのです。

ちなみに、この冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓の筋肉に血液が届かなくなり、心臓のポンプ作用も衰えて、さまざまな心臓病が起こってきます。その代表が、心筋橙塞や狭心症などの「虚血性心疾患」です。

心臓は心筋を動かす能力が備わっている

血液を全身の細胞に送り、生命や若さを維持するうえで重要な役目を担う心臓は、その働きを保つための特別な機能を備えています。

その1つが、心筋の働き。私たちの手足の筋肉は、自分の意志で動かすことができる随意筋です。しかし、同じ筋肉でも心筋は、自分の意志で動かしたり止めたりできない不随意筋です。つまり、心臓には、心臓自体を動かすことができる能力(自動能という)が備わっているのです。

もう1つは、心臓の右心房の上部にある「洞結節」という部分の働き。心臓がどくんどくんと拍動するのは、この洞結節から指令が出されているからです。

心臓の拍動を遠くしたり遅くしたりするしくみは極めて複雑ですが、その主役は自律神経(意志とは無問係に内臓や血管の働きを支配する神経)。自律神経には内臓や器官の働きを活発にする交感神経と、働きを抑制する副交感神経があります。

危機に直面したときや興奮したときには、交感神経の力が強くなり、拍動が遠くなって心拍数が増え、血圧も上昇します。一方、危機的状況から回復したり、休息したりしているときは副交感神経が優位になり、拍動は遅くなり血圧ふ下がってきます。しかし、自律神経のバランスが崩れると、ちょっとしたことで心臓の拍動も乱れてきます。

心臓病は進行しないと自覚症状があらわれにくい

代表的な心臓病は次のとおりです。

  • 狭心症
    胸を締めつけられるような痛みや不快感を伴う病気です。狭心症の大部分は、動脈硬化で冠動脈の内腔が狭くなり、その先への血流が一時的に不足し、心筋への酸素の供給が減ることによって起こります。冠動の内腔が狭くなれば、狭心症の激しい発作がくり返し起こるようになり、心筋梗塞へと移行しやすくなります。
  • 心筋梗塞
    狭心症と同様に、多くは冠動脈の動脈硬化によって起こります。冠動脈の内膜にできたプラークが大きくなり、狭くなった内腔が血栓で完全につまれば、血流が途絶えて心筋の一部が壊死(細胞が死滅すること)し、心筋梗塞を起こします。

そのほか、心臓の中の弁膜が硬くなったり薄くなったりして、弁の開閉をうまくできなくなる病気を「弁膜疾患」といいます。また、心筋になんらかの欠陥があり、心筋が肥厚したり心室が拡張したりする「心筋症」などもあります。

心臓は命を支える大事な臓器ですが、それだけに無理がきき、心臓病がかなり進行しないと症状が現れないことも少なくありません。予防のためには、定期検査を受けることをおすすめします。