心筋梗塞が危険で怖いわけ

心筋が機能しない

心臓に酸素を供給する冠動脈は、大動脈の根元から右と左の二本が出て、左はすぐに前下行枝と回旋枝の二本に枝分かれしこうそくます。心筋梗塞は、この三本の冠動脈のどれかが詰まって起こります。
心筋梗塞では激烈な胸痛が起こります。胸を押しつぶされる、引き裂かれる、焼け火箸でえぐられる、といった表現をする患者さんが多く、死の恐怖を感じるといいます。死んだほうがよいと表現をする人もいます。狭心症と異なり、安静にしても、発作を鎮める硝酸薬を使っても、痛みが治まることはありません。
痛みを止めるために、モルヒネを使うこともよくあります。
心臓の機能が低下し、自律神経系も乱れるため、呼吸困難になり、チアノーゼといって顔色が紫色になったり、冷や汗、めまい、嘔吐、意識障害が起こることもあります。ただし、糖尿病で神経障害がある人や高齢者では、激しい痛みを感じない人もいます。軽い胸痛や不快感、肩や背中のあたりの痛みくらいで、心電図で発見される場合もあります。

突然発症することも

最近の研究では、心筋梗塞は動脈の内腔がそれほど狭くなつていなくても起こることがわかってきました。内腰の狭窄率が50%程度でも、動脈の内壁のプラークが崩れて内腔をおおえば、簡単に血管を詰まらせて発作を引き起こします。
心筋梗塞を発症する前の冠動脈の狭窄率は、50%未満が多いことを示しています。運動をしても、症状がなく心電図変化も出ないような軽い病変でも、いっきに血栓が詰まって梗塞を起こすことが多いのですが前ぶれとして狭心症の発作、短い胸痛発作、動惇や息切れ、肩や首などの痛みを感じる人もいますが、何の前ぶれもなく突然強烈な痛みに襲われる人も少なくありません。
血縁に狭心症や心筋梗塞になつた人がいたり、肥満、高脂血症、糖尿病、喫煙などの危険因子を持つ人は、用心するに越したことはありません。狭心症がある場合には、硝酸薬を使っても痛みが始まらない、あるいはいつもの発作と違う感じがする、といったことが重大なサインになります。また、発作を起こす間隔が短くなったときなども要注意です。

午前中の発作が多い

発作のきっかけとしては、運動、ストレス、食べ過ぎ、飲み過ぎ、脱水、過労、寒冷前線の通過などが挙げられています。何も思い当たるふしがないという人も少なくありません。
発作が起こる時問帯は、朝の6時から10時ごろが多いという報告があります。この時問帯は、自律神経のスイッチが副交感神経から交感神経に切り替わるときにあたります。自律神経系の嵐ともいわれる現象が起こり、発作を引き起こすのではないかとの説があります。
朝は血圧が下がっているところに水分不足で脱水となり、血流の粘桐皮が増して発作につながりやすいともいわれます。1日のうち2番目に多いのは、夜の9時ごろです。1日の疲れがたまったり、食事や酒席、入浴時間にあたっているのかもしれません。

短時間のうちにショック、不整脈、心不全と続くことも

心筋梗塞は、急死を招くこわい病気です。心筋細胞は、血管が詰まってから15分ほどで死にはじめ、2時間ほどで完全に死んでしまいます。死をもたらす原因としては、ショック、不整脈、心不全が挙げられます。ショックは、心筋が広い範囲わたって壊死したときに起こります。
ポンプ作用が急激に低下して、脳や心筋が酸素不足に陥ります。不整脈は、発作の初期にしばしば起こります。冠動脈が詰まり心筋の一部が壊死しはじめると、異常な自動能により余分な刺激が発生することがあります。
心室性の期外収縮が起こり、脱が飛んだり、動惇がするといった症状が出ます。さらに心室頻拍が引き起こされると、心室筋がふるえるような状態となる心室細動から、心停止に至ることがあります。刺激伝導系付近の心筋が壊死すると、房室ブロックや脚ブロックが起こることがあります。
刺激の伝達の一部が途切れるため、心拍動が極端に少なくなる徐脆性不整脈が誘発され、脳の酸欠から、めまい、失神を起こします。血圧が低下し、冠動脈の血流も低下することから、心筋の虚血がいっそう広がるという悪循環になります。
心筋は心臓のポンプ作用の担い手です。心筋が侵されると、ポンプ作用に失調が起こってきます。ポンプの障害の第一段階では肺がうっ血し、呼吸困難に陥ります。さらに肺水腫、肝虚血、脳虚血など全身に影響がおよび、最終的には多臓器不全から死に至ります。

CCU冠動脈疾患集中治療室)のある病院へ急ぐ

心筋梗塞の敦死率は3割~5割 といわれますが、専門病院に入院後の死亡率は1割台です。心筋梗塞が起こったら、一刻も早く詰まった冠動脈を再開させなければなりません。同時にショックや不整脈、心不全の有無をチェックし、急死を防がなければなりません。痛みをやわらげる処置も必要です。CCU冠動脈疾患集中治療室) は、こうした応急処置を24時間体制で行える医療施設です。
発作が起こつたら早く救急車を手配して、CCU のある病院で治療を受けることが重要です。