突然死」カテゴリーアーカイブ

無痛のまま突然死する「隠れ心筋梗塞」

心筋が壊死して激しい胸痛に襲われる

心筋に酸素や栄養を供給している冠動脈が動脈硬化を起こすと、狭心症や心筋梗塞といった心臓尿を招きます。

狭心症と心筋梗塞の主な症状は胸の痛みです。しかし、心筋梗塞では、狭心症とは比較にならないほどの激しい痛みに襲われます。痛みは胸だけでなく、背中やみぞおち・腕・肩・頭・歯など、上半身のさまざまな部位に広がることもあります。

これは、上半身のそれぞれの部位の知覚神経が混線をおこし、痛みの情報がほかの部位の神経n送られてしまうのが原因です。

胸痛の持続時問も、狭心症が数分から10分程度なのに対し、心筋梗塞の胸痛は通常で30分以上、時には20時問以上に及ぶこともあります。

また、心筋の壊死により心臓の働きが低下するため動悸・むかつき・嘔吐・呼吸困難・意識障害といった症状を伴うこともあります。

こうした心筋梗塞の症状は、狭心症のように運動や動作をしたときばかりでなく、安静時に起こることもあります。特に発症しやすい時問帯は、体が徐々に目覚めて活動しはじめる朝9時ごろや、1日の疲れがたまった夜9時ごろです。いずれにせよ、激しい胸痛に襲われたときは、一刻も早く病医院で適切な治療を受けることが肝心です。

高齢者や糖尿病の人は隠れ心筋梗塞に注意

ところが、心筋梗塞は、必ず激しい胸の痛みを伴うとは限りません。ふつうの心筋梗塞に見られる自覚症状がほとんど見られない「隠れ心筋梗塞」と呼ぶべき病気もあるので、注意が必要です。

隠れ心筋梗塞は、専門的には無痛性心筋梗塞といい、急性の心筋梗塞に比べ、死亡率が約3倍も高いという報告があります。

それでは、なぜ隠れ心筋梗塞では、症状が現れないのでしょうか。これは、病気が軽いせいではなく、痛みを感じる知覚神経が鈍くなっているからなのです。

特に、高齢者や高血糖・糖尿病の患者さんは神経障害を起こしている場合が多く、知覚神経が鈍くなっています。痛みの症状が自覚できないために心筋の壊死も進みやすく、呼吸困難や意識障害が出るまで気づかない人も多いのです。

しかし、隠れ心筋梗塞にも、前ぶれの症状が全くないわけではありません。実は、呼吸困難や意識障害などの発作を起こす以前に、吐きけ、胸のむかつき、疲労感といった症状が出ていることがあるのです。

高齢者の場合には、息苦しいとか、なんとなく体調が悪いといったことで、たまたま心電図を撮ってみて、初めて心筋梗塞であることがわかる場合もあります。

そこで、高齢者や糖尿病の人は、吐きけ・胃や胸のむかつき・疲労感などの症状が数日以上続くようなら、できるだけ早く診察を受けることをおすすめします。

さらに、隠れ心筋梗塞の予防策としては、発症の根本原因となる動脈硬化を引き起こす危険要因を取り除くことが肝心。危険要因とは、高血圧・高血糖・脂質異常・肥満・喫煙などです。

これらの危険要因を放置すれば、知らない問に動脈硬化が進み、隠れ心筋梗塞の予備軍となります。そして、やがて急性心筋梗塞や隠れ心筋梗塞を引き起こすことになるのです。

そうならないためには、こうした危険因子を1つでも少なくしていくことが大切です。禁煙は今すぐにはじめるべきでしょう。

心臓病の中で特に怖いのは死亡率が高い心筋梗塞、突然死の第1位に

6時間以内に治療できるかどうかが生死の分かれ目

緊張すると胸が苦しくなる、階段を上がると息切れがするそんな症状が起こると、誰もが「心臓発作ではないか?」と不安になります。

実際、心臓病(心疾患)は、日本人の死因の第2位。そして、数ある心臓病の中でも、心筋梗塞や狭心症などの「虚血性心疾患(血流低下が原因の心臓病)」は、生命に危険を及ぼす率が非常に高いのです。

例えば、東京都内の突然死(発症後、24時間以内に急死すること)の件数は、5年間で1万8189件。そのうち、「心・血管系疾患病(心臓と血管にかかわる病気)」が原図の突然死は6割近くあり、さらに虚血性心疾患だけでも全体の4謝以上を占め、第1位でした。心臓の筋肉(心筋は、1日に約10万回も収縮と拡張をくり返し、全身に血液を循環させています。その心筋に酸素や栄養を供給している血管が、「冠(状)動脈」です。

冠動脈に動脈硬化(動脈の老化)が起これば、血管の内膜に悪玉(LDL)コレステロールなどが入り込み、それが蓄積してプラーク(粥状の塊)ができます。すると血管の内腔(内側の空洞)が狭くなって血流が感化しますが、プラークが大きくなったり、血栓(血液の塊)ができたりすれば、内腔がさらに狭くなり、血管がつまってきます。

このように、プラークや上皿栓のために血流が悪化し、一時的に心筋への血流が不足して起こるのが狭心症です。さらにプラークや血栓によって冠動脈の内腔が80%以上狭まると、その先の血流が途絶え、えし心筋の一部が壊死してしまいます。これが、心筋梗塞です。狭心症が一時的な症状であるのに対し、心筋梗塞の場合はかなりの重症。このため、心筋梗塞を起こした人の25~30% は発作直後、あるいは病院に到着する前に命を落としているのが現状です。

心筋梗塞の発作では、非常に激しい胸の痛みや圧迫感が現れます。胸のほかにも首・背中・肩・腕に痛みを感じたり、冷や汗・吐きけ・呼吸困難・不安感を伴ったりする場合もあります。こうした症状が、30分~数時間にわたって続きます。

また、全身に血液を送り出す心臓の力が弱くなって血圧が下がりすぎたり、心臓の働きが不規則になる心室細動という症状が起こったりします。どちらも命にかかわる危険な状態です。

心筋梗塞は、発作から6時間が勝負といわれ、6時間以内に専門的な治療を受けると救命率は上がってきます。発作が起こった場合には、一刻も早く救急車を呼ぶなどの対応が必要です。

ストレスをためやすいA型人間は要注意

心筋梗塞などの心臓病は、欧米では死因の第1位を占めている国が多いのに対し、日本では以前、罹患率も死亡者数もそれほど多くありませんでした。しかし、心臓病による死亡者数は1960(昭和35)年ごろから増えはじめ、いったんは減ったものの、1997(平成9)年ごろから再び急激に増加しているのです。

ところで、心筋梗塞などの虚血性心疾患を起こしやすくする危険因子があります。

主な危険因子としては、脂質異常症、高血圧、高血糖、肥満などがあげられます。また、メタポリックシンドロームに陥っている人やその危険性のある人は、動脈硬化がすでに進みはじめているため、心筋梗塞のリスクも高くなります。喫煙や過度のストレス、ほかの心臓病、痛風なども重大な危険因子です。

そして、心筋梗塞を起こしやすいとされている性格があります。それは「A型人間」と呼ばれている人の性格。

人は性格によって、A型人間とB型人間の2つのタイプに大別されます。A型人問は責任感が強く、目的に向かって自分を駆り立てていくタイプ。競争心も強く、仕事もドンドンこなしますが、ストレスがたまりやすいとされています。
一方のB型人問は、このような性格を持っていない人で、ストレスも少ないとされています。

ストレスは血管を収縮させ、心拍や血圧を上げる原因になるので、A型人間は心筋梗塞になりやすいのです。40代の働き盛りで心筋梗塞の発作を起こす人が増えていますが、これもストレスと人間関係が深いと考えられます。そこで、自分がA型人間かどうかを下の表でチェックしてみてください。判定でA型人間の可能性が大きい人は、ストレスをためこまない生活を心がけましょう。

A型人間診断
  1. 物事に夢中になりやすい
  2. 几帳面な性格
  3. 苦手なことにも挑戦する
  4. 1度決めたことは最後までやり通す
  5. 人がいやがることをよく引き受ける
  6. せっかちである
  7. いつも時間に追われている
  8. 1 度に2 つ以上のことをやることが多い
  9. じっとしているのが苦手
  10. 休日は家でゆっくりすることが少ない
  11. 旅行ではできるだけ多くの名所を回る
  12. 人に負けるのはいやだ
  13. 人からどう見られているか気になる
  14. 人よりもぜいたくな生活をしたい
  15. 相手の話し方が遅いとイライラする
  16. 早口
  17. 早食い
  18. 仕事や家事は熱心にやる
  19. 仕事や家事をやるのが速い
  20. 病気でも仕事をあまり休まない
  21. 遊ぶことより仕事のほうが好きだ

1~21個の中で12個以上該当した人は、ほぼ間違いなくA型人間といえる。心臓病を防ぐためにも、ストレスをためなしうに気をつけよう。ただし、8 ~11個該当した人もA型人間の可能性があるので、十分に注意することが大切。

毒だし酵素のおかげで元気になった

大量の血液を休みなくすみずみまで運ぶ心臓が突然死の1位

全身に酸素と栄養を送り続ける心臓

心臓は私たちの生命を維持するばかりか、若さを保つうえで最も重要な臓器なのです。というとちょっと違和感を感じるかもしれません。

私たちの体は、全身のひとつひとつの細胞が生まれ変わったり活動したりすることによって若さを保ち、生命を維持しています。細胞の活動に必要な酸素や栄養は血液によって運ばれますが、その血液を全身にくまなく循環させているのが心臓。つまり、心臓によって私たちの肌や筋肉・内臓・血管といった全身の若さは保たれている、ともいえるのです。

しかし、このように重要な心臓が衰え、心筋梗塞、狭心症・不整脈などの心臓病を招く人が急増しています。心臓病が怖いのは、ある日突然、発作が起こり、命を落とす危険性が大きいからです。現在、日本人の死因の1位はガンですが、それに次いで多いのが心臓病。厚生労働省の調査では、年問に17万人以上が心臓病で亡くなっています。

心臓病は突然、発作が起こるとはいえ、原因はそれまでの生活習慣にある場合がほとんどです。

例えば、脂肪や糖分の多い食事や運動不足、喫煙、過度のストレス。こうした惑い生活習慣を長く続ければ、動脈硬化(動脈の老化)をはじめ、脂質異常症(血液中の脂質が異常に増えた病気)・高血圧・肥満・高血糖などの生活習慣病を招きやすくなります。それと同時に、血液を全身に送る心臓の働きにも影響が及んでくるのです。

心臓の大敵は冠動脈の動脈硬化

心臓は、主に「心筋」と呼ばれる筋肉でできた臓器で、全体に円錐形をしています。心臓のある位置は一般に胸の左側といわれますが、実は、胸の中央にあります。

心臓の大きさは、その人の握りこぶし程度。重量は、日本人の成人で平均300グラム前後。男性は女性より20~30グラム重いのが一般的です。

心臓の中は、2つの大きな部屋(左心室と右心室)と、2つの小さな部屋(左心房と右心房)に分かれています。そして、それぞれの部屋の出口にはドア(弁)があり、血液が逆流することなく、一方向に流れるように血流を制御しているのです。
血液は決まった方向に流れ、全身の細胞に新鮮な酸素や栄養を供給し、廃棄物の二酸化炭素を浄化装置の肺へ送り込んでいます。

このように心臓は、血液がよどみなく全身を循環するための強力なポンプの役割を担っています。心臓は、拡張することで静脈(上大静脈と下大静脈)から心臓の中に血液を吸い込み、収縮することによって血液を動脈(大動脈と肺動脈)へと送り出しています。しかも、心臓はひとときも休まず、1日に10万回もこの拡張と収縮(拍動という)をくり返しているのです。

心臓がドクンと1回拍動するたびに、心臓から大動脈に送り出される血液量は約80ミリリットル( コップ半分ぐらい)。1分間では、おおよそ5リットル(ビールの大瓶8本くらい) にもなります。この割合で計算すると、1 日で7250リットル(ビール大瓶で約1万1400本)、1 年で263万リットル(ふつうのプールの3分の2を満たす量)の血液が送り出されていることになります。

心臓がこれだけの量の血液を動脈の抵抗(血圧)に打ち勝って送り出すときになされる仕事量は、4斗樽12個を富士山の高さに積み上げるくらいの仕事量に相当するといわれています。

人問の握りこぶし大の小さい心臓が、このような想像を絶する仕事量をこなすためには、大量のエネルギーを作り出す酸素と栄養が必要です。そのため、心臓自体へ大量の血液を運ぶ「冠(状)動脈」があります。冠動脈は、大動脈のつけ根から伸びている2本の血管で、これが枝分かれしながら、まるで冠のように心臓の表面を覆っています。そして、心臓から送り出される5~9%もの大量の血液が、冠動脈を介して心筋に供給されているのです。

ちなみに、この冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓の筋肉に血液が届かなくなり、心臓のポンプ作用も衰えて、さまざまな心臓病が起こってきます。その代表が、心筋橙塞や狭心症などの「虚血性心疾患」です。

心臓は心筋を動かす能力が備わっている

血液を全身の細胞に送り、生命や若さを維持するうえで重要な役目を担う心臓は、その働きを保つための特別な機能を備えています。

その1つが、心筋の働き。私たちの手足の筋肉は、自分の意志で動かすことができる随意筋です。しかし、同じ筋肉でも心筋は、自分の意志で動かしたり止めたりできない不随意筋です。つまり、心臓には、心臓自体を動かすことができる能力(自動能という)が備わっているのです。

もう1つは、心臓の右心房の上部にある「洞結節」という部分の働き。心臓がどくんどくんと拍動するのは、この洞結節から指令が出されているからです。

心臓の拍動を遠くしたり遅くしたりするしくみは極めて複雑ですが、その主役は自律神経(意志とは無問係に内臓や血管の働きを支配する神経)。自律神経には内臓や器官の働きを活発にする交感神経と、働きを抑制する副交感神経があります。

危機に直面したときや興奮したときには、交感神経の力が強くなり、拍動が遠くなって心拍数が増え、血圧も上昇します。一方、危機的状況から回復したり、休息したりしているときは副交感神経が優位になり、拍動は遅くなり血圧ふ下がってきます。しかし、自律神経のバランスが崩れると、ちょっとしたことで心臓の拍動も乱れてきます。

心臓病は進行しないと自覚症状があらわれにくい

代表的な心臓病は次のとおりです。

  • 狭心症
    胸を締めつけられるような痛みや不快感を伴う病気です。狭心症の大部分は、動脈硬化で冠動脈の内腔が狭くなり、その先への血流が一時的に不足し、心筋への酸素の供給が減ることによって起こります。冠動の内腔が狭くなれば、狭心症の激しい発作がくり返し起こるようになり、心筋梗塞へと移行しやすくなります。
  • 心筋梗塞
    狭心症と同様に、多くは冠動脈の動脈硬化によって起こります。冠動脈の内膜にできたプラークが大きくなり、狭くなった内腔が血栓で完全につまれば、血流が途絶えて心筋の一部が壊死(細胞が死滅すること)し、心筋梗塞を起こします。

そのほか、心臓の中の弁膜が硬くなったり薄くなったりして、弁の開閉をうまくできなくなる病気を「弁膜疾患」といいます。また、心筋になんらかの欠陥があり、心筋が肥厚したり心室が拡張したりする「心筋症」などもあります。

心臓は命を支える大事な臓器ですが、それだけに無理がきき、心臓病がかなり進行しないと症状が現れないことも少なくありません。予防のためには、定期検査を受けることをおすすめします。