心筋梗塞を防ぐには朝の過ごし方が大事!冷水での洗顔などはNG

冬の朝は冷たい水も控える

冬は気温や気圧も低くなるため、血圧が上昇しやすく、その結果、心筋梗塞をはじめとした心臓病の発作が多発します。これを予防するには、外出時に、室内と戸外の気温差を少なくする防寒対策をきちんと行うことが大切です。
家の中でも、血圧の変動を少なくする対策が必要です。

例えば、寒い時期に心臓病の発作を起こしやすいのは、朝方に新問を取りに行ったとき、夜中にトイレに立ったとき、寒い脱衣所で衣服を脱いだときなど。寒い場所に移動するときは、めんどうでも上着をはおったり、マフラーを身に着けたりしましょう。

日本の古い和式住宅には、廊下や脱衣場、トイレ、洗面所など、室温が低い場所がたくさんあります。そうした場所には、安全な暖一員機器を置いて温める工夫も必要です。もちろん、洋式住宅の場合も例外ではありません。

特に、朝の起床時は、1日の中で最も血圧が高くなりやすいときです。そこで、朝の過ごし方はとても重要になります。寝ているとき、私たちの体は休息パターンにあり、血圧は低くなっています。そして朝、目が覚めると体は活動モードに入り、血圧が徐々に上昇していきます。

ところが、体が活動パターンに切り替わる前に急に起き上がると、収縮している血管に血液が勢いよく流れ込み、血圧が急上昇します。
ですから朝、外出するギリギリの時問まで寝ていて、目覚まし時計の昔でガバッと起きるというのは禁物。目覚めたら布団の中で少なくとも5分問くらいは横になったまま過ごし、それからゆっくりと起き上がるようにしましょう。

起きてすぐ、冷えたトイレに駆け込んでいきんだり、冷たい水で手や顔を洗ったりするのも、血圧を急上昇させる原因になります。

なみに、炊事や手洗い、洗面などで冷たい水に手をつけると、場合によっては、最大(収縮時)血圧が30~40mmHGも上がることがあります。

これを防ぐためには、冬場は人肌ぐらいのお湯を使うようにしましょう。

時問がないなどの理由で、朝食を抜いて冷たい牛乳やジュースですます人もいます。これも体を冷やし、血圧を上昇させる原因になります。

朝食は、昼の活動状態に入るための大切な栄養源。食べすぎはいけませんが、減塩と低コレステロール、かつ栄養バランスのよい、温かい朝食をしっかりとりましょう。

水分補給には、温かいお茶やコーヒーがいいでしょう。以上のことを実行するためには、起床してから外出するまで、少なくとも1時問は室内でゆっくり過ごすようにしましょう。軟水の活泉水が特におすすめです。
活泉水による水分補給の効果

そして、電車やバスに乗り込もうと急ぎ足で階段を駆け上がったりすることも、血圧を上昇させる原図となります。朝は、時問にゆとりを持って出かけることをおすすめします