睡眠時間は8時間、就寝前に水を飲む

心臓の疲れを癒やすレモン水

睡眠時間と心臓疾患の関係を調べてみると、8時間睡眠を中心にして、それより長くても、短くても、心筋梗塞などの発生率が高くなることがわかります。睡眠不足が心臓の負担になることはともかく、長い睡眠がなぜ逆効果なのかについては、じつはまだ解明されていません。
おそらく体内のリズム、自律神経との関係があるのではないかと推測されます。睡眠中も働いている心臓のためには、就寝前に水分を補給しておくことも大切。
睡眠中は水分不足になるので、血液はドロドロになりやすく、血栓もできやすいかぅです。
おすすめは、水にレモンを搾り入れた「レモン水」。レモンに豊富に含まれるリモネンという成分が、脳の興奮を沈静化し、筋肉をリラックスさせます。
レモンに酢を合わせたレモン酢も血圧を下げるなどの効果があるようです。
レモン酢の効能、効果とレビューはこちら。